一発で治す治療家

【一発で治す治療家】




新規患者数以上に
大切なスコア



何だかわかりますか?





それは.....

離脱患者数。


私の院では一ヶ月以上
通院がない方を
離脱患者と
定義しています。

ちょっと言葉は冷たいですけど
何らかの理由で
来院が途絶えてしまった
=離脱 ってことです。


当たり前ですが
新規患者数よりも
離脱患者数の方が
多かったら


売上が増えるわけが
ありません。

(客単価が上がらない前提)


バケツに水を溜めたいなら
まず穴を塞ぎなさい


っていうあの例え話が
わかりやすいですよね。


もう一万回くらい
聞いたことが
あるはずですがw


離脱を減らすためには
様々な施策がありますが
中でも大切なのは

【メンテナンス目的での
通院を提案すること】


普通に治療をしていれば
ある程度通院して頂く
ことで


痛みや痺れは
和らいで来るでしょう。

そうすると当然患者さんは

「もう通院する必要はない」

と考えるようになります。


治療家として

「もう治ったから
こなくていいですよ」

と言いたい気持ちも
よくわかります。

しかし
一ヶ月もすると
今までの生活習慣や
動作の癖が戻ってしまい

また治療前の状態に
逆戻り。

患者さんは
あそこに言っても
治らなかった

と言ってまた違う 
治療院を探す。

誤解を恐れずに言うと
患者さんは体のことに
関しては「ど素人」
なわけです。

体のプロである治療家は
痛みや痺れだけを
とっていればそれで
いいのでしょうか。


再び症状が出ないように

【メンテナンスの重要性を
伝えること】

も治療家の
大事な仕事です。


こう言う話をすると


患者さんをいつまでも
通わせるなんて
金儲け主義だ

とか


私の治療は
完全に治してしまうから
リピートなんて
必要ない!


と言う人がいますが
それはそれで色々な
考え方があるので
否定はしません。


ぜひそのスタイルを
貫いていただければ
と思います。

ただ、あなたが
治療院の売上を安定させながら

患者さんの健康のサポートを
本気で続けたいと思うなら


メンテナンス通院の
必要性を必ず伝えるべきでしょう。


その上で
来る来ないは患者さんが
判断する事です。

首根っこ捕まえて
強制的に通わせるわけでは
ないのだから

何も
遠慮することはありません。

ライン公式アカウント

友だち追加

ライン公式アカウントへの友達追加で「高単価でもリピート率85%をキープする為のチェックリスト65」
を無料でプレゼント さらに追加特典解説動画(60分)つき!

友だち追加

おすすめの記事