一度落ちたら絶対に抜けられない店舗経営の落とし穴

先日Facebookを見ていて
ある個人経営のラーメン屋さんの
投稿が目に留まりました。
 

「お待たせするのが申し訳ないので
席数を増やしました!!」
 
コメント欄を見ると
友人や常連と思われる
方からの祝福のコメントが。
 
しかし私は直感的に
「やっちゃったな」
と思いましたね。
 
確かに満席で店の外で
お待たせするのは
申し訳ないというのは
よくわかります。
 
席数を増やせば
より多くのお客さんに
ラーメンを食べてもらえる。
 
そうすれば売上も
上がるだろう。
 
こう考えるのは普通のことでしょう。
 
短期的に見ればいい結果に
なりそうな気がします。
 
しかし・・・・
 
・席数を増やして今と同じクオリティ
のラーメンを提供できるか
 
・仮にスタッフを雇うとして
 人件費以上に売り上げが上がるか
 
・オペレーションはしっかりできるか
 
・お客さんが少ない時間帯だと
 閑散とした雰囲気にならないか
 
・店舗経営の最強の広告媒体である
 「行列」がなくなってしまわないか

 
というリスクがあります。
 
特に最後の
「行列を失う」については
一番のリスクと言えます。

 
あそこのラーメン屋前は
店の前に行列ができたけど
最近は行列がないな
↓↓
そういえば最近味が落ちた
って言ってたよ
↓↓
やっぱり儲けに走ってる
からいけないんだよ
↓↓
行くのやめとこ
 
こうなってしまっては
もうどうしようもありません。
 
たまに新規の方が
フラッと入っても
ガラガラの活気がない店内で
暇を持て余している
覇気のないスタッフの作る
ラーメンを食べて美味しいとは
絶対に思いません。
 

多くの店舗経営者が
忙しくなってくると
「さらに多くのお客さんを集めよう」
という間違った方向に舵を切りがちです。
 
コレが地獄の入り口だとも知らずに。
 
多くのお客さんにサービスを
提供しようとすればいくつもの
ハードルを乗り越えなければならない
ということを忘れないでください。
 
それと同時にどうしたら
あなたの店の前に「行列を作れるか」
についても考える必要があります。
 
治療院の場合は院の前に行列って
現実的ではないですけどね。
 
「ここは患者さんでいつも一杯」
と思わせる・気づかせる仕掛けをいくつも
用意すれば行列ができているのと
一緒ですよ。
 
投稿をしていたラーメン屋さんとは
何の面識もないし遠いので
食べに行ったこともありません。
 
私が勝手に心配しているだけです。
 
実際は既に優秀なスタッフがいるかも
しれないし、集客にも力を入れて
さらに行列ができているかもしれません。
 
それならそれで素晴らしいことなので
ぜひ頑張っていただきたいと思います。
 
今度出張の時にこっそり
食べに行ってレポートを
シェアしようかな。
 

残り2席らしいです↓↓席数は当然増やしません(^_^;)

「たった1万円で毎月10人集客し続ける最強のオフライン集客システムの作り方」

日時:4月24日(水)14時~16時

場所:マーケティング・エッセンシャルズ セミナールーム
名古屋市中区錦3丁目4-12SUZU1 O2ビル4F
(久屋大通講演駅4番出口から徒歩30秒 カフェドクリエの隣のビル)

セミナー詳細は↓↓↓
https://peraichi.com/landing_pages/view/shukyaku-seminar

おすすめの記事