患者さんが絶対に教えてくれない残酷な真実

一人治療院・整体院の集客利益アップの
コンサルタント 高崎勇次です。

 
今日の内容は見る人によっては
少し不愉快になるかもしれません。
 
けど私のブログなので
好きなことを書いていきます。
 
続きを読むのか今すぐ
ブラウザを閉じるのかは
あなたが選択することですから。
 
治療院や整体の先生と
お話していると多くの方が
「〇〇療法」とか「〇〇テクニック」
の話ばかり。
 
もちろん、治療家は患者さんの
身体を治すことが本職なわけだから
全く興味がないというのはまずい。
 
しかしここでもう一つの
残酷な真実についても
認識しておく必要があります。
 

「患者さんはそんなこと興味ない」

 
患者さんが興味あるのは
自分の体のことだけです。
 
痛みやしびれがなくなれば
それでいいわけです。
 
整体や治療院なんかに通わなくたって
湿布や痛み止めでも別にいいし
気持ち良ければいいなら
マッサージチェアでもいい。
 
あなたがいくらこだわって
技術を磨き続けて
「俺の治療技術はどこにも負けない」
と思っていても関係ありません。
 
治療家同士の勝ち負けなんか
患者さんの人生には全く関係ない。
 
あなたがもし
「治療家の仕事は患者さんの
痛みやしびれを取ったり
体の動きをよくすることだ」
と思っているとしたら・・・・・
 
近いうちに代替商品にとって代わられる
可能性が高いでしょう。

 
脳みそにチップを埋め込んだら
腰痛なんか全く感じなくなる
時代が来るかもしれません。
 
患者さんはなぜ時間とお金を
使ってあなたの院に通院するのでしょうか。
 
治療を受けることでどんな感情に
なるのでしょうか。

 
このテーマを掘り下げて考えることで
あなたの仕事に対する姿勢や
患者さんに発するメッセージ
広告媒体のコピーが
全く違うものになるでしょう。
 
あなただけが提供できる
価値に気が付くこともできます。
 
本当の意味での競合なんて
この世の中に一つも
存在しないということも
わかるはずです。

 
あなたの治療はあなたにしか
できないのだから
やれUSPだの差別化だの
考える必要もないでしょう。
 
今日の内容は具体的な
ノウハウの話ではないので
分かりにくいかもしれません。
 
しかし世の中にあふれる
テクニックやノウハウを
使いこなすうえで絶対に
考えておかなければならないことです。
 
家を建てるときの基礎に当たる
部分とも言えます。
 
ここがしっかりと固まっていないと
沼地に家を建てるような不安定な
治療院経営となってしまいます。
 
もう一度言います。
 
「患者さんは痛みやしびれを取りたくて
 あなたの院に通院しているわけではありません」

 
では、また。

おすすめの記事